グルコサミンを摂取して健康的な毎日を過ごしましょう

膝の痛みを改善

膝の痛みが出た場合の基礎知識

膝の痛みが出た場合は、まず整形外科で診察を受けることが必要である。その上で医師の指示に従うことはもちろんであるが、この病気は薬だけではなかなか治らない病気である。 軟骨はいったん壊れたら容易に元に戻すことはできない。だからよけいに軟骨が擦り減ってしまわないうちの治療が必要になる。初期の場合は努力次第で良くなることが多いため、早期治療が必要になってくる。 ます急に痛みが出た場合は、冷湿布と局所の安静が必要だ。2、3習慣して膝の痛みが和らいだら、膝を支える筋肉、大腿四頭筋を鍛える。 病院で行う治療としては、抗炎症剤を使用し痛みや腫れを取り除く。また、ひどく腫れて水がたまっているようなときは、生理的食塩水を入れて関節内を洗浄する。2週間に1度、または月に1度ほど行うことによって、膝の動きが楽になり痛みも和らぐ。その他、訓練や装具療法を行い治療を行うなど、膝の痛みの症状がひどい場合は手術を行う場合もある。

手術療法を行った場合の平均的費用

膝の痛みを和らげる、または解消する治療法の一つに手術療法というものがある。これは手術を行わない方法でも痛みの症状が改善できず、日常生活に支障をきたす場合に行い治療方法である。手術にはいくつかの種類があり、患者の状態などにより医師と相談をして手術を行っていく。 代表的な3つの手術方法として関節鏡下郭清術、人工関節置換術、高位脛骨骨切り術がある。 関節鏡下郭清術は、関節の変形がそれほど進行していなく、半月板の損傷や骨の変形が痛みの主な原因となっている場合に行われる。費用の目安としては、約13万円程度である。 人口関節置換術は、関節が大きく変形してしまい痛みが取れない場合に行われる。人工的に作られた関節に置き換える手術である。費用は約78万円程度である。 高位脛骨骨切り術は、O脚を矯正する手術であり、関節内側の負担を減らし痛みを軽減する。費用としては約62万円程度かかる。